カードローンで失敗しないために役に立つ情報を集めてみました。計画的にローンを活用して、豊かな気持ちで生活しましょう。

国教育ローンと民間教育ローンの比較をしてみて!のポイントとは

国教育ローンと民間教育ローンの大きな違いは、やはり金利でしょう。
国教育ローンの固定金利2.5%に対し、民間教育ローンでは、固定金利と変動金利があり、金利も倍近くなります。
国教育ローンに融資金額が最高200万円に対し、民間教育ローンの融資金額は10万円?500万円まであり、即日融資やインターネット申し込みができるのも大きな特徴です。

国教育ローンは国の機関ですから安心ですが、民間教育ローンはそれぞれの金融機関が独自に行っていますから、信用するかしないかは自己判断です。
国教育ローンの中にも3種類ありますから、それら全部から融資を受けることもできる方もいます。
各金融機関での小競り合いがあって、さまざまないい商品が生まれているのも事実です。
まず国教育ローンありき、ですね。
国教育ローンは融通が利かないのが難点ですが、国の機関ですから仕方ありません。
もちろん国教育ローンより民間教育ローンの方が優れている点もあり、申込みの簡単さや、融資金額、返済期間の長さは、民間教育ローンでは選ぶことができます。
国教育ローンでいっぱいまで借りて、不足分を民間教育ローンで補うのが一番一般的な使い方です。
国教育ローンほどの低金利にはならないものの、限りなく低く設定したり、融資金額の上限を上げたり、審査を甘くしたりと、消費者からすれば嬉しい競争をしています。
国教育ローンの次に利用する可能性のある民間教育ローンも視野に入れて、インターネットなどで調べてみるといいでしょう。
国教育ローンと民間教育ローンを上手に活用して、大切なお子さんの能力アップにつなげていきましょう。
国教育ローンでは収入や家庭の事情によって審査が比較的厳しいと言われていますが、民間教育ローンでは審査は非常に甘いようです。

カテゴリ: 暮らしの豆知識
ログイン
RSS