カードローンで失敗しないために役に立つ情報を集めてみました。計画的にローンを活用して、豊かな気持ちで生活しましょう。

女性がん保険です

女性がん保険の加入というのを勧められたのですが、一体どのようなものなのでしょうか。
ようするに、女性を対象にしたがん保険だから女性がん保険なんですよね。
出来る事なら、通常のがん保険と女性がん保険との違いも知りたいものです。
保障範囲の広さで診ると、やはり女性がん保険よりも、ただの女性保険の方がいいんじゃないのっていう感じもします。
ところが、ただの女性保険だと、子宮筋腫や妊娠中毒症などのガン以外の婦人病でも保障される訳です。

女性がん保険にはそれなりのメリットがきっと沢山あるんだろうとは思います。
どちらかと言うと、女性がん保険よりも通常のがん保険の方が若干リーズナブルな場合も結構あるようです。
これって、普通の女性がん保険とどこがどう違うのって思いませんか。
でも、男性だって、女性が発症する事のない、前立腺ガンや精巣ガンなんかになりますよね。
そういう意味では、女性がん保険の対象である女性と同じ位、男性だってガンになる確率は高い訳です。
ただの女性保険と女性がん保険の違いなら、何となくですが判るような気はします。
因みに、女性がん保険の対象者である成人女性がガンになる確率は三人に一人だと聞きました。
せっかく女性がん保険の加入を勧められているのですから、前向きに考えてみてもいいかなぁっと思いました。
女性がん保険の保障というのは、思いのほか手厚いんですね。
ですが、中には女性限定とか、女性特定とか、女性専用とか書かれた女性がん保険もあります。
加えて、子宮ガンや乳ガンは、確かに女性特有のガンですが、ガンである事に替わりはない訳で、女性がん保険でなくても保障はされるはず。
ただ、その女性がん保険ならではのメリットというのが、今一実感出来なくて、ブログやサイトを読んでみる事にしました。

カテゴリ: 暮らしの豆知識
ログイン
RSS