一生かけて健康というテーマを追っていく必要があります。
いろんな方法を試しながら、健康を実現していきましょう。
このブログでは、様々な健康および病気に関する情報を集めて紹介します。健康こそライフワークなのです。

ひざ痛運動の効果と逆効果の経験談です

本日のプチ健康情報は・・・
https://www.xdomain.ne.jp/
ひざ痛になる原因は様々ありますが、激しい運動がきっかけでひざ痛になる場合もあります。
そして、いろいろなスポーツがあるように、運動にもいろいろな形があります。
運動の中でも、膝を酷使する運動はひざ痛の原因になりやすいと言われます。
また、若いうちは筋肉や関節も激しい運動に耐えられますが、年齢が進むにつれて膝そのものが衝撃に対応できなくなっていきます。
年齢が若くてもひざ痛に悩んでいる人はいますし、とくに膝を使う激しいスポーツをする人にひざ痛が多いと聞きます。
ジャンパー膝などのように、膝を使ってジャンプするスポーツをしている人にもひざ痛が多いと言われています。
走るスポーツ、たとえばジョギングやマラソンも膝を使いますね。

ひざ痛は運動が原因で起こる場合がありますが、反対に、運動をすることでひざ痛が緩和されることもあります。
膝を強く、丈夫にしていくためにも、適度な運動は必要であると言われています。
ひざ痛で悩んでいる人にとって、ふさわしい運動は膝に負担のかからない運動です。
ひざ痛の人にオススメのスポーツは水泳かもしれません。
水泳だと、浮力があるので膝に体重の負担がかからないので無理なく体が動かせそうです。
膝の負担が少ないという点では、自転車もよいかもしれませんね。
こう考えると、体重の負担がひざ痛の原因にもなっていることが見えてきます。
全体重を膝の関節や筋肉が支えるわけですから、膝の負担は相当なものですよね。
ひざ痛にならないためにも体重の増加には注意したほうがよさそうです。
けれども、それでもひざ痛になってしまうことがあります。
原因は、つまり老化現象です。
これだけは、避けられない現象ですね。
ひざ痛の多くが変形性ひざ関節症だと言われています。
膝の軟骨が擦り減って起きるひざ痛の症状は、とくに高齢の女性に多いと言われます。

ひざ痛の原因はこのように様々ありますが、まずは自分のひざ痛の原因を知ることが大切だと思います。
ひざ痛の人にとっては、運動が毒にも薬にもなりますから慎重に考えた方がよいです。
対処の仕方しだいでひざ痛は悪化も改善もしますから、じっくり取り組みましょうね。

カテゴリ: 暮らしの豆知識