料理や暮らしに役立つ豆知識をネットから集めて紹介します。

インテリアオブジェのポイントとは

ダニ・ハウスダストにお悩みなら

和風にコーディネートしている部屋は、インテリアとして可愛らしいだるまオブジェなどを飾っているでしょう。
部屋を模様替えするときなどに雑誌の写真を参考にすると思いますが、インテリアとしてオブジェにも気をつけてみると良いでしょう。

オブジェをインテリアとして取り入れるときのコツですが、やはり部屋の雰囲気を壊さないということが重要だと思います。
和風の部屋には和風のインテリアオブジェ、洋風の部屋には洋風のインテリアオブジェを置くようにします。
アジアンテイストの部屋に近代アートのようなインテリアオブジェは、不似合いです。
必ず、部屋との調和を考えてインテリアオブジェを置くようにしましょう。
また、そのインテリアオブジェの大きさにもこだわると良いと思います。
天井を高く見せたいのであれば、細くて高いインテリアオブジェがぴったりです。
また、小さい十数センチのインテリアオブジェをたくさん買って、部屋のあちらこちらに散りばめるようにして置くというのも素敵です。
例えば、小さい星のインテリアオブジェを部屋のあちらこちらに置くと可愛い部屋になりますし、統一感も出てきます。
以前テレビで部屋のコーディネート番組を見ていたことがあるのですが、そこに出演していた方は、各部屋にテーマを持たせて、そのテーマに合ったインテリアオブジェを置いていました。
インテリアオブジェを取り入れることにより、それぞれの部屋に個性が出て面白いと思いました。

オブジェでインテリアとして使えるものが、インターネット上ではたくさん販売されています。
備長炭で出来たインテリアオブジェを扱っているネットショップなどもありますから、ナチュラル派の方はぜひ覗いてみてください。

カテゴリ: 暮らしの豆知識