ビジネスに関する役立つ情報を集めてみました。あなたの懐をホットにするナイスな情報を見つけてください。

調理師免許の試験日のポイントとは

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

調理師免許試験は基本的には年に一回、例外として都市部の方では二回実施されます。
なので、各住所の調理師免許試験日を電話などを使って予め調べておく必要があります。

調理師免許試験の試験日は、各都道府県によって異なります。
ちなみに調理実務経験ですが、継続して1回に20食以上もしくは1日50食以上調理する施設であることが挙げられます。
調理実務経験年数は結構勘違いしやすいので、調理師免許試験を受験する際には、自分が何年間調理実務に就いていたのか覚えておきましょう。
できるだけ早めに調理師免許試験日を把握し、計画性をもって勉強に励みましょう。

調理師免許試験の受験資格についてご紹介します。
まず中学校卒業者は2年、小学校卒業者は5年の調理実務を経験しておく必要があります。
次に、旧制国民学校高等科修了者、旧制中学校2年課程修了者と 各種外国人学校中等部卒業者である事です。
調理師免許受験資格による調理実務とは、飲食店などで助手や見習いを2年、又は5年経験しているという事を指します。
場所に関しては、各地域の大学などを借りて試験を行う場合が多いようです。
そして調理師免許の受験資格もそれなりに厳しいものとなっているので、自分が該当しているか確かめる必要もありますよね。
特に注意しなければいけない事は、調理業務経験年数です。
この調理実務経験年数が足りていないと、調理師免許試験を受験する事ができないので注意しましょう。
調理師免許試験は、年に一回行われる事は決まっているのですが、毎年同じ月日に行われるとは限りません。
旅館や簡易宿泊施設での調理実務も認められているので、そういった所で修行を積んで調理師免許試験を受験するのもいいのではないでしょうか。

カテゴリ: 暮らしの豆知識