ビジネスに関する役立つ情報を集めてみました。あなたの懐をホットにするナイスな情報を見つけてください。

調理師免許の試験内容の裏技です

Xdomain
調理師免許試験をこれから受験しようと思っている方は、試験内容を十分に把握していますか。
ですが調理師免許に限らず、国家資格の試験という物は本当に難しく、生半可な勉強では合格する事は難しいでしょう。
なので今回は、調理師免許試験の試験内容と、各出題科目の割合をご紹介したいと思います。

調理師免許試験は全て筆記試験です、つまり実技試験はないという事ですよね。
勉強よりも実技の方が得意な人にとっては少々大変かもしれませんが、がんばっていきましょう。
調理師免許試験の試験時間は120分で、全科目の平均点が6割なら合格となります。
調理師免許試験は、全科目を残すところなく勉強する必要があるのです。

調理師免許試験の出題科目は、予め割合が決まってるようです。
実技試験がない調理師免許試験では、調理そのものの基本知識をこの科目で判断します。
基本といえど、調理理論では調理器具や献立作成まで幅広く問われます。
調理以外の事も直接調理師に関係してくるので、そういった知識も調理師免許試験では必要とされます。
その分、出題の割合も高い事がわかりますよね。
次に調理師免許試験の出題割合が高いのが、20%の食品衛生学です。
いわゆる食品の安全性について問われる科目であり、自分が作った料理を食べてもらう調理師には絶対に必要な知識といえます。
そして、栄養学と公衆衛生学が15%、食品学が10%、食文化概論が5%といった所が調理師免許試験の科目毎の割合です。
7科目をまんべんなく勉強し、見事調理師免許を取得して、夢の職業につけるよう頑張っていきたいですね。
調理師免許試験の詳しい試験内容に関しては、サイトやブログを参考にして情報収集をしてみましょう。

カテゴリ: 暮らしの豆知識