あまり知られていない雑学的な事柄を紹介するブログです。

ビーグル犬の歴史です

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

このことから、ビーグル犬はフランス語で「小さい」という意味の「ビーグル」
と名づけられたとも言われています。
ビーグル犬はお利口そうなので、お手やお座りかどといった芸を教えるのにも適
しているかもしれませんよ。
ビーグル犬はハウンド種としては小さい犬ですが、そのことが逆に狩猟犬として
重宝される理由になりました。
ハンターがビーグル犬をポケットに入れて出かけられたり、貴族階級の人たちが
森や野原などで小さな動物を狩るのに使ったりとビーグル犬は大変役に立ったの
です。
それに、ビーグル犬は小さくても体格ががっちりとしているので、実際のサイズ
よりも大きく見えるのです。
小さいけれどパワフルな狩猟犬として、ビーグル犬はとても活躍していたようで
すね。

スヌーピーのモデルにもなったビーグル犬は、その愛らしい表情と行動で、家庭
で飼う犬としても絶大な人気を誇っています。
飼い主さんと楽しそうに散歩をしているビーグル犬も、よく見かけますよね。
ビーグル犬は、なんとアメリカでは麻薬探知犬としても活躍しているそうです!
可愛くて元気がいいというだけではなくて、ビーグル犬には様々な能力が備わっ
ているようですね。
例えば、フィールドトライアルというイギリスで誕生した犬の競技大会のようなもの
にもビーグル犬が出場したりしているそうです。
それから、鋭い嗅覚を持っているビーグル犬は、アメリカで平和を守るためにも
使われています。
大きな目や長く垂れた耳がとっても愛らしいビーグル犬ですが、実は現在でも
様々なところで活躍しているのです。
知れば知るほど飼いたくなってしまうビーグル犬ですが、他にも色々な特徴があ
ります。

カテゴリ: 暮らしの豆知識
ログイン
RSS