ビジネスに関する役立つ情報を集めてみました。あなたの懐をホットにするナイスな情報を見つけてください。

雇用保険加入の義務の口コミです

Xdomain

義務と言うよりも雇用保険加入は強制させられ。
何のためにかといえば、働く者が失業した時に金銭的な不自由を味わないようにとの国が親切な制度を作ってくれているのだ。
仕事を辞めた、辞めさせられた、その時に失業給付金を貰えるように雇用保険加入をしておいた方がいいのかそれとも年金生活が良いのかは迷うところだ。
出来るものなら雇用契約を結ぶ時点で雇用保険加入の件をどうするかきっちりと取り決めをするようにしておいた方がいい。
失業した時に失業給付金なるものを貰えるのだが、全額国が出してくれるものではない、にも関わらず雇用保険加入をすればそれなりの保険金を負担しなければならない。
しかし、条件を満たさなければ雇用保険加入しなくて良いということなので決して違法行為を勧めている訳ではない。
雇用保険加入したからといって、失業給付金が貰えるという保障もないのに、とにかく保険金の一部を負担せよと言っているようなものだ。
雇用保険加入の条件(雇用保険加入をしなくて良い条件)については、申し訳ないがご自分で調べてみて下さい。
逆に言えばその用件を満たさないなら雇用保険加入をしなくても良いことになる。
確かに雇用保険加入は義務だ、何もしなければ会社側で勝手に?雇用保険加入の手続きを進めてしまう。
雇用保険加入は義務だというのだが、そんなに長く働くつもりはない、失業したら年金を貰うつもりだという人にとってはある意味少々迷惑な制度でもある。
場合によっては、雇用保険加入を望みながら加入できないなんて場合もある。
そして、いつの間にか雇用保険加入手続きが済んでいたなんてこともある。
会社側にしてみればあくまでも会社としての都合で雇用保険加入の義務を行使するかしないかを決めていることがほとんどだから。

カテゴリ: 暮らしの豆知識