ビジネスに関する役立つ情報を集めてみました。あなたの懐をホットにするナイスな情報を見つけてください。

雇用保険加入が遡及される場合は人気なんです

Xdomain

一生懸命働いて来たのに、雇用保険加入をしていないだけで、失業給付を受け取ることができなくなってしまうのですから。
雇用保険加入の資格がないのなら仕方のないことだが、故意かあるいはたまたま忘れたかいずれにしろ雇用保険加入をしなかったらどうなるでしょうか。
働いていた者が失業しても当然失業給付金なるものを貰う事が出来ません。
それも自分で手続きをしなければならないケースの場合は特にです。
自分の意思でないのに雇用保険加入をしなかった、失業した時に失業給付金を貰えない事を知ったらもちろん困りますよね。
そんなことはなく、雇用保険加入には救済処置があります。
雇用保険加入について色々と情報が見つかるはずです。

雇用保険加入を会社勤めを始めた時にやっておいてくれたら何も問題がなかったのに、たまたま加入を忘れていた場合です。
でも気になって、雇用保険加入を遡及して行うにはどうすればいいかについて、ほんのちょっとだけ調べてみました。
「あなたは失業給付金を貰う資格がありません」でおしまいでしょうか。
この場合は働いていた本人自身で雇用保険加入の手続きをしないといけないことになります。
雇用保険加入は強制的な制度のはずなのに届けを出さないなんておかしな話です。
そのために遡って雇用保険加入手続きが出来る「遡及加入」の制度が用意されているのです。
ということは国側も雇用保険加入届出の漏れを認めているということでしょうか。

雇用保険加入を遡及して行うには、それも自分で行うためにはどんな手続きをすればいいのかは生憎と私は詳しくありません。
雇用保険加入をしていなかったのだから当たり前のことです。
でも、雇用保険加入を遡及して行う方法は難解です。
ただし、この場合は雇用保険加入相当の保険料を一度に払わなくてはいけないので、ちょっとばかり厄介です。雇用保険加入は原則雇用する側が手続きを行うもので、働く側はその指示というか取り決めに従うだけです。

カテゴリ: 暮らしの豆知識