ビジネスに関する役立つ情報を集めてみました。あなたの懐をホットにするナイスな情報を見つけてください。

調理師免許試験問題分析のポイントとは

Xdomain
調理師免許試験は、なかなか骨が折れる問題ばかりです。
普段私たちが生活する上で、あまり知られていないような内容も調理師免許試験では出題されます。
例えば、食品の衛生面に関する問題だったり、食品の文化だったり、調理師免許試験で出題される内容は様々なのです。
今回は調理師免許試験の問題内容と、出題傾向を確認していきましょう。

調理師免許試験で出題される科目は七科目あり、調理師免許の試験内容は食文化概論、衛生法規、公衆衛生学、 栄養学、食品学、食品衛生学、調理理論の計六十題です。
ちなみに調理師免許試験の問題は四肢択一解答方式になっているので、出題形式としては楽な方でしょう。
例えばインドといったら代表的なのは、カレーとかナンといったところでしょうか。
調理師免許試験においての出題割合は全体の約5%といった感じです。
調理師免許試験では実際には調理に関係ない問題も出題されますが、こういった事は食べ物を扱う側にとって重要なので覚える必要があります。
調理師免許試験での出題割合は食文化概論と同じく、約5%です。
公衆衛生学は、感染症や生活習慣病についての予防知識です。
調理師免許試験では15%と割と出題されやすく、メタボリックシンドロームなどで騒がれている今、こういった知識が調理師には必要になってきます。
現代人に不足されがちなミネラルなど、健康な体を維持するのに必要な栄養素も調理師免許試験では出題されます。
食品学は、食品の種類や分類、その食品の成分についての科目で、調理師免許試験では難しい科目です。
調理師免許試験での出題割合は、約10%です。
食の安全が問題になっている今、もちろん調理師免許試験にも出題されます。
出題割合は全体の20%となっています。
出題割合は30%と高く、この科目が基本となります。

調理師免許試験では出題される割合を参考にし、がんばって合格しましょうね。
調理師免許試験に関しては、サイトなどを周って情報収集をしてみましょう。

カテゴリ: 暮らしの豆知識