ビジネスに関する役立つ情報を集めてみました。あなたの懐をホットにするナイスな情報を見つけてください。

臨時株主総会とは

Xdomain
株主総会には、定時株主総会と臨時株主総会の二種類が存在します。
通常、株主総会と呼んでいるものは、定時株主総会を指していることが多いようです。
定時株主総会は、会社の決算が終わってから3ヶ月以内に開催されなくてはいけないと会社法によって定められています。
決算書を株主総会の議決として、株主にみとめられて初めて、正式に決算書とされるのです。
株主総会のもう一つに、臨時株主総会があります。
これは、その名の通り、臨時で開かれる株主総会になり、いつでも要件さえ満たせば開く事ができるとされています。
最近では、会社が合併することも多いため、この臨時株主総会もよく開かれているようです。

臨時株主総会を行う場合であっても、株主に対して企業は招集通知を送付する必要があります。
しかし、臨時株主総会を開く二週間前までに送付すれば良いとされているので、参加できる株主はそれほど多くないようです。
臨時株主総会であっても、通常の株主総会同様、書面による議決権を行使することができるシステムがあるようです。

株主総会について知りたいという人は、ネットで検索するとさまざまなページを見る事ができます。
中には、難しい法律の説明がされている物もありますし、分かりやすく噛み砕いた表現で株主総会について説明しているページもあります。
ネットを利用すれば、どこにいても株主総会について調べる事ができますし、定時や臨時の株主総会がどのような仕組みになっているのかという情報も入手できるでしょう。
弁護士や専門家が作っている株主総会のホームページは法律用語が多用されていたり、難しかったりという傾向が強いようです。

カテゴリ: 暮らしの豆知識