ビジネスに関する役立つ情報を集めてみました。あなたの懐をホットにするナイスな情報を見つけてください。

パート面接の受け方の裏技なんです

Xdomain

久しぶりに面接を受けるので履歴書を買ってから、先月パート面接を受けて無事合格した友人に、アドバイスを貰いにいきました。
友人はパート面接を3社受けたのだそうです。
2社落ちて1社合格した経験から、私が失敗しないようにとパート面接の受け方のポイントを教えてくれました。
まず、パート面接にたどり着く前のポイントは、ちゃんとした証明書用の写真を撮って、自己PR欄を記入した履歴書を用意すること、だそうです。
電話で予約して、パート面接の時に同時に履歴書を出すこともあるらしいのですが、先に履歴書を郵送する形だと、まずこの履歴書で合否が決まる、と友人は力強く言い切りました。

パート面接で不合格になった会社は、何がいけなかったの?と聞いてみました。
最初のパート面接では、遅刻したのよ、と友人はあっけらかんと言いました。
パート面接でなくても不合格になることぐらい、さすがの私でも分かります。
このままパート面接の受け方をアドバイスして貰っていいものか、ちょっと不安になりながら、別の不合格になった会社はなぜ?と聞いてみました。
2番目に受けた会社のパート面接では、週に1回夕方からの勤務が可能かどうかを打診されたそうです。
なるほど、友人のパート面接の受け方は、特に不合格になった理由というのが、参考になると思いました。
そしてパート面接では、子供の話はせず「頑張ります」とだけ答えた、これが合格のポイントだった、と友人は涼しい顔で締めくくりました。
家に帰ってから、念のため、サイトでパート面接の受け方を調べてみました。
疑って申し訳なかったので、ちゃんと友人のアドバイスどおりパート面接を受けようと心に誓って、まず履歴書の自己PRを書いているところです。
最後に友人が言ったパート面接の受け方の心得、「マナーとPRとやる気!」で私も合格しようと思っています。

カテゴリ: 暮らしの豆知識