ビジネスに関する役立つ情報を集めてみました。あなたの懐をホットにするナイスな情報を見つけてください。

第2新卒とリクナビブログです

Xdomain

大体、第2新卒という言葉自体が新しいのだから。
ともかく、第2新卒者と呼ばれる人々が増えるのにも理由があるのだ。
最近、フリーターが非難され、正社員という肩書きが、より大事なものとして認識されているが、それもまた第2新卒を増やす流れへと繋がっているようにも思われる。
自分のやりたいことが見つからず、とりあえず腰掛け程度の気持ちで薦められるまま就職するも、やはり馴染めず第2新卒として新たな職場を探すことになるのである。
第2新卒どころか、フリーターとして生きていくことにもなりかねない、そんな現状がある。

第2新卒という言葉もまた、新たな雇用に関する問題点をあらわすキーワードの一つであるように思うのだ。
第2新卒といえば、バイト先でこのようなことがあった。
アルバイトの先輩が、ついにその会社に社員として雇用される運びとなったのだが、それから見るに耐えないほど社員としてこき使われていたのだった。
長年フリーターとしてその職場で働いていた先輩でも、かつて無いほど疲労していて、若い正社員の苦労の凄まじさを知り、結果として、転職、第2新卒となったのである。
厳密に言うとその先輩は第2新卒の定義からは外れるのかもしれないが、ともかく、正社員はアルバイト以上に搾取される存在であった、少なくともその職場では。
それが証拠に、その職場をやめる前、社員ではなく、アルバイトとして働いたのだが、その時の方が給料を多くもらったらしい。
第2新卒どころか、フリーターとして落ち着く人が多いのも頷ける。
時給換算でいくらもらえていたのか不安になるような正社員など、誰が望むのだろうか。
第2新卒になるのなら、今度はまともな就職先を見つけて欲しいと願うばかりである。
しかし、第2新卒者ともなれば、言われなくても自ら行っていることかもしれない。

カテゴリ: 暮らしの豆知識