ビジネスに関する役立つ情報を集めてみました。あなたの懐をホットにするナイスな情報を見つけてください。

高校生アルバイトに関する法律の体験談です

Xdomain
高校生アルバイトであっても、きちんと労働基準法で定められていることが適用されています。
雇用主が「高校生だとは思わなかったから」と高校生アルバイトを危険な仕事につかせたりしないようにするためです。
やはり時給がいい高校生アルバイトであっても、20歳以上の大学生やフリーターに比べれば時給は低くなっていることが多いのです。

高校生アルバイトは労働基準法という法律で未成年が働ける時間が決まっていますから、いくら時給が良くても深夜は働くことができません。
また高校生アルバイトは法律で働く時間も決められていて、最初に交わした労働契約を破ることはできません。
つまり高校生アルバイトであっても、法律にきちんと守られていますし、また法律を守らなければなりません。
ですから高校生アルバイトの場合であっても、職場で怪我をしたのならば、労災での治療になっていくのです。
やはり自分がどんなに働いてお金を得たいと思っても、法律では高校生アルバイトは未成年ですから、両親と学校の許可が必要になります。
高校生アルバイトについての情報をサイトやブログ、掲示板を使って集めて、高校生アルバイトの法律での決まりを詳しく調べてみましょう。

高校生アルバイトが法律で守られているということがわかったのであれば、安心して働くことができそうですね。
ですから高校生アルバイトは法律を守る責任も発生してくるということを忘れないことが大切なのです。
そのために雇用主と労働契約は高校生アルバイトである本人が結ばなければなりませんから、責任を持ちましょう。
高校生アルバイトは意外と法律に関して知らないことが多いようですが、法律で守られていますし、また法律を守らなければなりません。
そういう事情もありますからアルバイトを始めたいと思っても、まずは法律では両親と学校の許可が必要なのが高校生アルバイトです。

カテゴリ: 暮らしの豆知識